プロフィール

のじnojiノジ

Author:のじnojiノジ
卓球したり、タイマッサージしながら、メダカと共にのんびりと日々を過ごしています。

自己紹介動画
是非、音を出して楽しんで。

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/21 (Fri) 17:30
about noji & thai massage

タイの北部チェンマイでのんびりたっぷりpichest(ピシェット?ピチェット?)とwandee(ワンディー)にタイマッサージだけでなく人生そのものを教えて頂き、日本に帰ってきてからはやっぱり家でのんびりやってます。たまに国内や海外にもタイマッサージをお伝えしに回ります。

タイマッサージは仏陀の主治医シバゴから仏教と共に伝承されたと言われています。

自己紹介タイマッサージ動画

ここからは長いので、もしよかったら読んでみてください。

 タイマッサージを始めたきっかけは、飲食店で働いていたものの忙しいし、疲れるし、この仕事合わないなぁ~、なんかのんびりとした仕事無いかなぁ~、と思っていた時に日本で受けた人生2度目のマッサージ。
 その時に高校の卒業旅行で行ったタイマッサージが鮮明に思い出された。初めての海外旅行最終日、はしゃぎすぎて疲れている身体にそれはあまりにも心地良かった。受け始めるとすぐに意識は心地良さにもうろうとして、あっちゃこっちゃ身体を動かされるも目がはっきり覚める事は無く、全身を丁寧にくまなく刺激されていく、2時間がこんなにあっという間に感じた事は無かった。マッサージが終わり目が覚めると、軽い軽い身体が軽い。ベタな表現だが本当に羽根が生えたように感じた。チップなんて習慣は一切無かったが、チップを心から渡したのはこの時が初めてである。
 日本で受けたマッサージよりタイで受けたマッサージの方が全てにおいて優れている!のんびりしている!女の人がやっていたから楽に違いない!まだ日本ではあまり知られていない!と、とんでもない勘違いが原因でタイマッサージの道を歩む事になる。くれぐれも誤解の無いように言っておきたいのが日本のマッサージは素晴らしい、たまたまタイでマッサージしてくれた人が素晴らし過ぎたのだ。実際にタイマッサージはのんびりとしていて、女の人ができるのはとてもいい。
 今やタイマッサージの名前は日本でもかなり普及してきて、バキボキと骨を鳴らしたり、アクロバティックなストレッチが、比較的知られているが、誰と誰がsessionをするのかによって大きく違ってくる。故にタイマッサージとはと言葉で説明するのは難しい。senと言われているエネルギーラインを刺激し身体を整えると言うのもいささか難解ではなかろうか。かといってスタイルが存在しない訳ではない、主流はタテノリでシンプルで洗練された手技を小気味良いリズムできざんでいくバンコクスタイル(ワットポースタイル)、次にヨコノリで多彩な手技をまったりとしたリズムで流れるようなチェンマイスタイル(オールドメディスンスタイル)、他にも多くのスタイルが存在する。ぼくが知っている手技だけでも軽く1000はくだらないだろう。この手技の多さもタイマッサージの特徴のひとつだと思われるが中でも足への手技は特に多く、足をとても大切にしている。人間土台がしっかりせんとね。
 話が逸れたので戻すがsessionでお互いに呼応する為に多彩さが存在するのではないかと考えている。自身1回のsessionで100以上の手技を使うのは非常に稀である。まずは単純に手を当て、心身共に力みを抜き相手のすべてを受け入れ、おだやかに身体の声と語り合う。

つづく、、、
スポンサーサイト

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。